シナの木の鬼皮の内側の甘皮部分の繊維を材料に、四季の流れの中でゆっくりと作られるシナ縄。
それを使って編まれた鍋敷きです。
指編みによる原始的な手仕事によって一つ一つ作られています。
シナ布は水気に強く丈夫で、古代織物の一つとして受け継がれている日本の民芸細工です。
シナ縄づくりは日本の数少ない集落にしか残っていないそうです。



サイズ:直径約160mm
素材:シナの木の皮
販売価格
2,500円(税込2,700円)
購入数