布作家の松澤紀美子さんとともに早稲田でアトリエを兼ねたショップを営む澄敬一さん。
氏の70点に及ぶ作品を収録した作品集が届きました。

今年5月にロサンゼルス TORTOISE で開催される澄さんの展覧会に合わせて、作られたこの作品集。
企画・構成・アートディレクションを手掛けたのは、澄さんの仕事を15年余りに渡って見てこられた山口信博さんです。

人の目を惹きつける氏の作品、写真を眺めているだけでも夢中になってしまう、そんな作品集です。
古い物や捨てられていた物の表層を削ぎ落とし、磨き上げ、組み合わせ、新たな姿へと昇華された作品の数々。
ユーモアがあり、懐かしさがあり、新しさがあり、一過性でないものがあり、
一言では言い表せない作品の魅力を、山口さんの哲学的な文章がよく表現してくれています。


著者:澄敬一
企画・構成・アートディレクション:山口信博
デザイン:堀江久実
撮影:大友洋祐
翻訳:ルイス・テンプラード
発行者:篠本拓宏/発行所:トータス・アンド・カンパニー
本書の本文は、すべて山口信博さんの文章です。

A4サイズ フルカラー128ページ ドイツ装 日英対訳 1000部限定
販売価格
4,800円(税込5,184円)
購入数