稲藁を使用した東北地方の伝統工芸。

岩手県の花巻地方では、坂上田村麻呂が建立した円万寺の馬頭観音に縁結びや子孫繁栄などを祈願して、藁で作った馬を供え、願えが叶えられた夜、人目を「忍んで」先に供えた馬をこっそり持ち帰り、色布や鈴などを飾りお礼参りをしました。
五穀豊穣を祈願の際には、稲穂をたくさん飾り付けて美しく勇ましく競作しあったと伝えられています。

北欧の手仕事にも通じる素朴で美しいわら細工です。


サイズ:小(H約15cm)
    大(H約20cm)
制作:小田島民芸所(岩手県花巻市)
販売価格
1,000円(税込1,080円)
購入数