婦人之友3月号が届きました。
くるみの木・石村由起子のコラムを掲載いただいています。

以下掲載内容です。(婦人之友HPより引用)

忙しくても心豊かな人の あえてすること しないこと
家事に仕事、子どものこと、介護……あれもこれもとがんばってこなしているのに、何かが足りない、と感じることはありませんか。
時間に追われるだけの毎日にしないために、「あえてすること」「しないこと」とは、なんでしょう?

“自分軸”を取り戻す 私にうれしい台所仕事 石村由起子さん
「慌ただしい日常から“自分らしさ”を取り戻してくれているのは、日々の家事かもしれません」暮らしを楽しみ慈しむ。その根っこにあったのは子ども時代に共に過ごした、おばあさまの知恵でした。

「抱えこまない」家事のコツ 佐光紀子さん
家事はきちんとしなくては。でも思うようにいかない、と、苦しくなることはありませんか? 
佐光さんの実践する「一人でしすぎない」家事とは──。

記録すると暮らしのバランスがとれてくる 鈴木玲子さん
家族が“自然な形で”生活できることが一番、と話す鈴木さん。『主婦日記』に描いて整理することで新しい工夫も─。
販売価格
713円(税込770円)
購入数