江戸時代初期から金属加工の町として発展し、金属製洋食器の生産で世界的なシェアを誇る新潟県燕市。
その燕市にある「SUSgallery(サスギャラリー)」で、このタンブラーは作られています。

素材の切り出しから最終工程の検品まですべて自社工場で行う「国内一貫性」で魔法瓶製造を行う日本唯一の工場です。
その美しい佇まいを可能にしているのは、SUSgalleryならではの特殊な技術をつかっているから。
表面のヘアライン加工は職人が一本一本手作業で丁寧に磨き上げたもの。
柔らかな丸みを帯びた底面角の成形技術や巧みな溶接技術、研磨技術など100以上もの工程を経て、ステンレスの質感を際立たせた継ぎ目のない本体が完成します。

また、一般的な真空二重構造のステンレス製魔法瓶は本体に底面パーツを接着しますが、こちらは本体側面と底面が一体化するよう特殊な加工を施しています。
そのため、底部パーツを省かれ、美しく軽量化を実現しています。

木のカップは口当たりよく、熱い飲み物を入れてもカップが熱くなりにくいのです。
ステンレスと木のコントラストの美しいタンブラーです。

内容量:
S 0.27L
L 0.36L
販売価格
10,500円(税込11,340円)
購入数
 
S
L