1950年前後の写真作品をポストカードに。
はっきりとしたコントラストと、絶妙な構図が、モダンな印象を与えます。

植田正治
写真界の巨匠として、世界で注目された日本人写真家です。
生地の鳥取県境港市を離れず、山陰の空・地平線・そして砂丘を背景として、被写体をまるでオブジェのように配置した植田正治の演出写真は、写真誕生の地フランスで日本語表記そのままにUeda-cho(植田調)という言葉で広く紹介されています。
70年近くに及ぶ作業活動を通して、常に斬新で多彩なイメージを掲示しています。
アマチュア精神を抱き続けた偉大な写真家の軌跡は、まるで日本の写真史そのもののようでもあります。
販売価格
200円(税込216円)
購入数
 
へのへのもへの
パパとママとコドモたち
妻のいる砂丘風景
少女四態
ボクのわたしのお母さん