一井伸行さんは、仕事のかたわら各地でお出汁やうどんのワークショップを開催してきました。
あちこちへ出張してのワークショップ、友人をイメージしたうどんのレシピを考案したり、
教えを請われることも増え、60歳の記念にこの本を出版されました。

だしやうどんの基本的なレシピが紹介されていて、
わかりやすく、やさしく、みんなにわかる目線で説明されています。
基本のお出汁の取り方から、つゆのアレンジも掲載しています。

一井さんが関わりあった人をイメージして作ったうどん(ソーイングテーブルコーヒーの玉井さんやくるみの木の石村など)の紹介文面白く、
マメイケダ さんのうどんの挿絵も優しさがにじみ出ていて、暖かい気持ちになります。

帯文:「ノブさんのおうどんレシピは、体の言葉でできている。”分かりやすく”をていねいな心で伝えようとすると、そうなるのだと思う。プロが作る料理本ではなかなかできないことです。」(料理家:高山なおみ)

112ページ
size:148×210 mm
販売価格
1,600円(税込1,760円)
購入数