宮城県で一つ一つ手作業で編み上げ作られている御用かご。
もともとは自転車の荷台に括り付け、御用ききの荷物入れとして
使われたため、御用かごと呼ばれるようになったそうです。

野菜などの食料や重たいものの収納かごとして最適です。
両側に持ち手がついていますので、持ち運びが便利です。


サイズ:幅約48、奥行約35、高さ約21cm
宮城県産
※手仕事、天然素材のため、サイズや見た目に若干の個体差がございます。
 素材の性質上、黒ずみ・割れ・ささくれ・とげ等がある場合がございます。
販売価格
10,000円(税込10,800円)
購入数