新潟県佐渡島。
地元でとれる竹を材に作られた、しちなりかご。その名前の由来は、七通り使えるという意味からきているそうです。
農作業では収穫物を、海では海藻や魚などを入れる仕事の道具として、
ふちの部分の縫い目のあいだにひもを通し、腰下げかごとして使っていたそうです。
丁寧な手仕事から生まれる素朴な日用品です。


サイズ:小(幅約24、奥行約17、高さ約20cm)
   大(幅約32、奥行約22、高さ約27cm)
新潟県佐渡島産
※手仕事、天然素材のため、サイズや見た目に若干の個体差がございます。
販売価格
5,900円(税込6,372円)
購入数