上質な食文化を追求する食通のための情報を提供している月刊誌 「味の手帖」。

食を愛する人たちの知的好奇心と探求心に応える、老舗の料理雑誌です。

表紙画/ミロコマチコ



<2020年2月号の目次>

牛尾治朗対談
宇野 重規(東京大学社会科学研究所教授)
「トクヴィルの発想から学ぶ デモクラシーを支える地方都市の再生」

日々是好日なり
文・南 美希子(エッセイスト・コメンテーター)
第182回「たっちゃん、安らかにお眠りください」

食のタイムトラベル
文・加来 耕三(歴史家・作家)
第101回「“茶聖”千利休と“麩焼”」

草を喰む
文・中東 久雄(「草喰なかひがし」主人)
第70回「昔の大寒に想う」

はんなりと京菓子
文・山口 祥二(「京菓子司 末富」代表取締役社長)
第47回「HANA」

味のパトロール
文・森本 チヅ子(美容家)
三重県・志摩「いかだ荘山上(さんじょう)」

万由美の昼膳交遊録
ゲスト:山田 文彦(雅楽師・NPO『日本伝統舞台芸術』音楽監督)

共感する食のフィロソフィー
文・小山 進(「パティシエ エス コヤマ」オーナーシェフ)
第70回「肩肘張らず心から料理を楽しむ 料理人・渥美創太の『メゾン』」

名店会ファイル
第260回「赤坂柿山 赤坂総本店」

美味良宴
文・正田 隆(正田醤油(株)社長)
其の二百五十四「期待値をはるかに超えるグルメシティ、マニラ(後編)」

キャビンアテンダント私のお気に入り
文/写真・小林 瑞季(日本航空客室乗務員)
第323回「寒い冬に心から温まる とっておきの美味しい店」

味の見聞録
第277回「東京を冠した話題の店」

おいしい!には訳がある
文・宮川 順子(MIIKU(社)日本味育協会代表)
第50回「ゲコノミスト、現る!?」

ふるさとの味、おふくろの味
文・阿部 信行(万引防止出版対策本部事務局長)
第351回「もんじゃと心意気」

台所と食卓の名脇役
文・細萱 久美(元(株)中川政七商店バイヤー)
第22回「鋳物琺瑯鍋」

おいしいひとり旅
文・山崎 まゆみ(温泉エッセイスト/ノンフィクションライター)
第35回「岡山県湯原温泉『八景』」

一期一食
文・横川 正紀(ディーン&デルーカ 代表)
第11回「旅する食卓」

これをあげたい!
文・大倉 治彦(月桂冠(株)代表取締役社長・14代目当主/NPO法人和の学校会員)
第143回「月桂冠の日本酒『特撰』」

タネもシカケもある話
文・森田 敦子((株)サンルイ・インターナッショナル代表/植物療法士)
第95回「冬に大活躍の薬草『葛』」

ドクターの天眼鏡
文・石田 浩之(医学博士)
第143回「ヘディングでパンチドランカー!?」

ソムリエの呟き
文・渋谷 康弘(ソムリエ)
第196回「『シャトー・ムートン・ロスチルド』とアートラベルの歴史」

ハイ!!チーズ
文・皆見 敦子(栄養士/チーズシュバリエ)
第89回「チーズの呼び名」

コーヒーを巡る人々
文・門上 武司((株)ジオード代表取締役/フードコラムニスト)
第54回「チェイサーは続く」

ジパング式素材交遊録
文・マッキー牧元(タベアルキスト)
第302回「そば好きの戯言」

さらり日記
文・遠山 正道((株)スマイルズ代表取締役社長)
第278回「大切なこと」

百年つづけ
文・伊藤 章良(食随筆家)
第9回「親子で編む唯一無二の空間」

ケ・セ・ラ・さ・ら
文・山本 静恵
第191回「韓国風海苔巻きキンパ」

〈シドニー発〉麻子ママ奮戦記
文・中宮 麻子
第218回「森林火災」

ひと皿のことの葉
文・上條 宏昌(小誌編集部)
第107回「風呂ふき」

悪食三昧
文・樫井 雄介
第215回「次世代の中国料理」
販売価格
630円(税込693円)

定価:630円(税込693円)
購入数