TOP >

TOP >

古来より人々の生活に密着したものとして親しまれてきた奈良吉野本葛。
本格的に和菓子などで使用されるのは、江戸時代中期以降になります。
その独特の風味・粘り・透明感を生かして、葛粽(ちまき)や葛饅頭、
葛きりなどが庶民の口に親しまれるようになりました。

奈良吉野は、良い水があることや、寒冷な土地であること、
雑木林の山に囲まれていたことなど、葛粉の精製に適した地形を備え、
「吉野晒し(よしのざらし)」という伝統の製法でつくられた「吉野本葛」の
品質はその優秀さで知られています。

「吉野本葛」が作り出す豊かな風味と粘り、艶、透明感を是非お試しください。


内容量:130g
原材料:本葛澱粉
販売価格
800円(税込864円)
購入数

TOP >

TOP >